過食嘔吐に潜む危険

過食嘔吐の危険性について

トップ / 過食嘔吐の危険性について

過食嘔吐が体にもたらす影響とは

過食嘔吐とは、通常一食分にあたる食事の量より遥かに多い量を摂取し、その後自己誘発的に嘔吐をする行為を指します。大抵の患者は、指を口の中に突っ込んで吐き出したり、大量の水を飲んで吐き出したりします。このような行為に至る原因として、精神的ストレスや、過度のダイエットにより、痩せたいという願望が強くなることで起こると考えられており、一種の強迫観念に取りつかれたようにも見えます。過食嘔吐を繰り返すことによって、摂食障害を引き起こす恐れもあり、また嘔吐によって神経性大食症という合併症も引き起こす可能性もあります。

過食症に関する基礎知識

食行動に関する障害にも色々な物がありますが、際限なく食べてしまうという症状に過食症と呼ばれるものがあります。これは適量で満足することが出来ないという感情を伴うものであり、その様な過食の後に食べすぎた自分に嫌悪感を感じて食べたものを吐き出すという過食嘔吐に八千することもあります。この様な食事関係の異常行動を持っているのが過食症と呼ばれる症状であり、適切な治療のためには精神科の受診が必要になることが少なからずあります。自分でもコントロールできない衝動にかられる場合には専門の医師の判断が必要です。