食物繊維で便秘解消

食物繊維摂取で腸内環境を

トップ / 食物繊維摂取で腸内環境を

食物繊維は積極的にとりましょう

食物繊維は、便の排出に大きな役割を果たしてくれます。大腸が丈夫だと、病気にならないとも言われているほどです。それほど、健康には便秘にならないことが需要だと言えます。一般的に、ゴボウやさつまいもなどに多く含まれているという認識がありますが、ゴボウの場合は、繊維が長いため、反対に腸に引っかかるという事もあります。それよりは、キャベツや海藻やキノコ、またおからにも沢山の食物繊維が含まれていますので、こういった食品から摂取することがオススメです。難しければサプリもオススメですよ。

善玉菌を増やすには食事が大切

人の腸内細菌の数は約100兆粉個と言われおり、正常な状態では、その中の約2割を善玉菌が、約1割が悪玉菌が、残りが日和見菌が占めていると言われています。このバランスが崩れると、身体に悪影響が出て来ます。善玉菌の主な働きとして、乳酸や酢酸を作り腸内を酸性に保ち、また、免疫作用を刺激して免疫力を高めます。そのため善玉菌を増やす事で、酸性を嫌う悪玉菌の増殖を抑え、腸内バランスを整える事が出来ます。善玉菌を増やす食材として、善玉菌が入っているヨーグルトや乳酸菌の多い発酵食品があげられます。